テレビで話題

3月25日『名医のTHE太鼓判』で注目!謎の果物『ジャバラ』が花粉症に効く!?

投稿日:2019年3月25日 更新日:

ジャバラ

3月25日の『名医のTHE太鼓判』は花粉症特集が放送されます。

その中で登場する『ジャバラ』という果物をご存知でしょうか?

近年、「花粉症に効く」として注目を集めている国産の果物です。

 

今回はそんなジャバラがどうやって誕生したのか、花粉症に良いと言われる理由などをご紹介します。

 

この記事のポイント

  • 柚子のような酸味が特徴の柑橘類で、食酢の代わりや飲み物などの加工品として販売されている
  • 当初は全く注目されなかったが、一人の購入者の声をきっかけに注目された
  • ジャバラに多く含まれるナリルチンは花粉症やハウスダストなどのアレルギー症状を抑える効果があると言われている

 

ジャバラとはどんな果物?

ジャバラは柚子やカボスに近い酸味の強い柑橘類です。

ゆずやみかんなどの自然交配で生まれた品種とされていて、見た目は柚子によく似ています

 

原産地は和歌山県北山村で、最初は北山村の村民の庭先にジャバラの木が1本だけ自生していました。

この植物を調査したところ、全く新しい品種であることが分かり、村の特産品とするために栽培がスタートします。

村では絞り汁を食酢の代わりにするなどして使われていましたが、その後飲み物などの加工品も作られるようになり、現在では30種類以上の加工品が販売されています。

 

 

ジャバラが注目されたきっかけ

ジャバラが北山村だけにある果物だと分かり、村をあげて特産品化のために栽培をスタートさせますが、当初は全く見向きされませんでした。

1979年に品種登録されて以降、20年以上も赤字で2000年頃にはジャバラ事業撤退も考えられていたそうです。

 

しかし、そんな見向きされていないジャバラを毎年20 kgも取り寄せ購入する女性がいました。

不思議に思った村職員が理由を尋ねたところ「息子の花粉症に効く」という返答があり、村がネットでモニター調査をしたところ、47%の人から効果があったと回答を得たのです。

 

この調査の評判とネット販売の開始が功を奏し、その後ジャバラの関連商品は一気に売上が伸び、2億円を超える売り上げとなりました。

赤字事業から一気に村の主力事業になったのです。

この評判を見て、現在では三重県・静岡県・愛媛県などでも栽培され始めています。

 

花粉症以外にも効果あり!?

ジャバラが花粉症に良いと言われる理由は、「ナリルチン」と言われるフラボノイドが多く含まれているためです。

これは他の柑橘類にも含まれる成分ですが、ジャバラはナリルチンの含有量が他の柑橘類に比べても圧倒的に多くなっています。

 

ナリルチンは花粉症などのアレルギー症状を抑えると言われており、他にもハウスダストアレルギーなどにも効果があるとされています。

 

まとめ

  • 柚子のような酸味が特徴の柑橘類で、食酢の代わりや飲み物などの加工品として販売されている
  • 当初は全く注目されなかったが、一人の購入者の声をきっかけに注目された
  • ジャバラに多く含まれるナリルチンは花粉症やハウスダストなどのアレルギー症状を抑える効果があると言われている

これから花粉症本番の季節、毎年辛い思いをしている方も多いでしょう。

放送をきっかけに、ジャバラ商品はまた話題となりそうですね。

 

以上、『3月25日『名医のTHE太鼓判』で注目!謎の果物『ジャバラ』が花粉症に効く!?』でした。

 

みんなの反応

-テレビで話題
-,

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.