テレビで話題

2月22日ZIPハテナビで紹介された花粉症対策や最新グッズが話題!花粉ブロッカー2やバッグなど

投稿日:2019年2月22日 更新日:

花粉

春になって暖かくなるのは嬉しいですが、花粉が憂鬱な方も多いですよね。

今回は2月22日放送のZIPのハテナビで紹介された、街の人の花粉症対策やグッズを紹介します

 

この記事のポイント

  • 子供用のティッシュを鼻に詰めたり、空気清浄機を使う
  • 社長が花粉症のオフィスでは、マスクやティッシュを置いたり鼻うがいをする
  • 洗濯物を部屋干ししたり、花粉を弾くナイロン素材の上着を着る
  • 花粉症対策最新グッズで注目されているのが、花粉ブロッカー2とティッシュを取り出せるShutopaのバッグ

 

街の人に聞いた対策

子供用のポケットティッシュを使う

子供用のポケットティッシュは、普通のティッシュよりサイズが小さいです。

二つにちぎって丸めると、鼻につめるのにピッタリです。

街の女性は鼻にティッシュを入れて、マスクをして仕事をしているとコメントしていました。

 

空気清浄機をフルに

花粉症歴20年の男性は、空気清浄機をフルに回しているとコメント。

携帯で遠隔操作をしているので、外出中でも空気清浄機の電源を入れられるのだとか。

 

オフィス対策

ネクステージグループの社長は、花粉症で10前から悩んでいます。

自分が悩んでいるので、花粉症の時期になるとマスクやティッシュを社員に提供。

社長の花粉症対策は、鼻うがいができるハナクリーンα(8,500円)です。

ハナクリーンαは、付属の洗浄剤を使うため鼻は痛くならないそうです。

東邦大学医療センター大橋病院の吉川教授も、鼻うがいは症状の緩和に効果的とコメントしていました。

 

花粉症歴23年の家族

まず外からの花粉を避けるために、ご主人の洗濯物は部屋干しにしています。

空気清浄器は花粉モードで24時間稼働していて、エアコンではなくファンヒーターを使用。

外出は、花粉のつきにくいナイロン素材の上着を着てゴーグルタイプのメガネをしていました。

マスクは二つで、女性用の小さいマスクをしてから男性用のマスクをしていました。

 

最新花粉症対策グッズ

花粉ブロッカー2(4,500円)

防護服みたいに頭をすっぽり包むタイプで、後頭部のゴムでサイズを調整しかぶり口をふさぎます。

マスクのUSBケーブルをモバイルバッテリーにつなげば、ファンが回ります。

視界が曇ることがなく、新鮮な空気が入ってきます。

二重フィルターがついているので、花粉が入っている心配がありません。

※1枚目の画像が花粉ブロッカー2

 

Shutopaのマザーズバッグ(21,384円)

Shutopaのマザーズバッグは見た目は普通のバッグですが、ティッシュの取り出し口がついています。

外出先で鼻水が出たとき、さっとティッシュを取り出すこともできます。

男性や若い人に人気のショルダータイプや、子供用のレッスンバッグもあります。

 

林業の仕事をしている人は花粉症対策をしていない?

毎日杉の木に囲まれて仕事をしている、林業の方はどんな対策をしているのか気になりますね。

林業のお仕事をしているのに、特に対策をしていないと話していました。

なぜかというと、やっているときりがないし慣れるとつらくないからだそうです。

 

まとめ

  • 子供用のティッシュを鼻に詰めたり、空気清浄機を使う
  • 社長が花粉症のオフィスでは、マスクやティッシュを置いたり鼻うがいをする
  • 洗濯物を部屋干ししたり、花粉を弾くナイロン素材の上着を着る
  • 花粉症対策最新グッズで注目されているのが、花粉ブロッカー2とティッシュを取り出せるShutopaのバッグ

花粉症で悩んでいる人は、症状を緩和するために家でも仕事先でも努力していますね。

最新グッズを利用したり、空気清浄機を使って少しでも症状を軽くしましょう。

 

みんなの反応

-テレビで話題
-

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.