テレビで話題

3月11日ZIPハテナビ!ドラゴン堀江でも注目の東大合格発表!勉強法&喜びを誰に伝えるかを大調査

投稿日:2019年3月11日 更新日:

東京大学

堀江氏の東大受験『ドラゴン堀江』でも注目された今年の東大合格発表。

3月11日のZIPのハテナビは、東大の合格発表で喜びを誰に伝えるか、そしてその勉強法を調査しました。

これから、受験を頑張ろうという方にも知ってほしい記事です。

 

この記事のポイント

  • 3月11日のZIPのハテナビは、東大の合格発表で喜びの声を誰に伝えるかを紹介
  • 合格者は一番に、喜びをお母さんに伝えていた
  • 東大理科一類に合格したKくんの、『ルーズリーフ勉強法』が紹介された

 

 

合格者と家族の声

理科一類合格・Sくん(18歳)

Sくん(18歳)は東大理科一類に合格、勉強時間は短いときで30分長いときで10時間です。

Sくんはお母さんに「もしもし、あ、受かったんだよ」と報告。

お母さんは、「受かったの!マジでー良かったね、夢みたい」と興奮で声が震えていました。

 

SくんがZIPのインタビューのことを使えると、「明日録画しておこう」とのこと

息子さんにあったら何をしてあげたいかの質問に「ハグしまーす」とコメント。

理科一類合格・Oくん(19歳)

0くん(19歳)は、一浪の末理科一類に合格しました。

「電車の中で落ちたかもしれないと思ったけど、本当にあってよかった」

「全部報われた、この1年間の努力が」とコメント。

 

受験期間は11時間勉強していたと言って、お母さんに喜びを報告しました。

「マジ良かったわ、1年間報われた」と報告。

 

お母さんは、「お疲れ様、よくがんばったよ」とコメント。

祖父にも「マジ受かったわ、予備校代も出してもらったしさ」と伝えました。

祖父は、「自慢の孫だぜ」と喜んでいました。

理科三類合格Yくん(23歳)

東大医学部もある理科三類に合格したYくんは、5年間の浪人生活を経験しています。

お母さんに「掲示板に行って、あるの確認したよ」と報告しました。

お母さんはYくんに「おめでとう、よく頑張ったね」と声を詰まらせていました。

ZIPのレポーターの方にも「長い道のりでつらかったです。早く会って抱きしめてあげたい」とコメント。

 

東大理科一類合格Kくんの勉強法

ルーズリーフ勉強法

Kくんは、朝7時に起きて12時に寝ますがその間12時間勉強していました。

 

Kくんの机の引き出しには、手書きのルーズリーフがぎっしり。

ルーズリーフ勉強法は復習するよりぱっと書くだけで、見直しをしない勉強法です。

自分の勉強道具を取っておくと見るだけで自信になると、先生から指導されました。

 

お父さんの声

「ほとんど休まず朝から10時までよくやったと思う」とコメント。

Kくんは合格発表を見て「1年間頑張ったかいがありました」と話しました。

 

まとめ

  • 3月11日のZIPのハテナビは、東大の合格発表で喜びの声を誰に伝えるかを紹介
  • 合格者は一番に、喜びをお母さんに伝えていた
  • 東大理科一類に合格したKくんの、『ルーズリーフ勉強法』が紹介された

東大の合格は、本人だけでなく支えてくれた家族にとっても最大の喜びになりますね。

笑顔の一瞬は、きっとこれから忘れられない思い出になるでしょう。

 

以上、『3月11日ZIPハテナビ!東大合格発表!勉強法&喜びを誰に伝えるかを大調査』でした

 

みんなの反応

-テレビで話題
-

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.