テレビで話題

3月12日『マツコの知らない箱根の世界』で特集!都心からアクセス抜群の温泉地の魅力を再確認!

投稿日:2019年3月8日 更新日:

箱根

3月12日『マツコの知らない世界』で、「マツコの知らない箱根の世界」と題して、箱根温泉が特集されます。

首都近郊からのアクセスの良さもあり、長年愛され親しまれてきた箱根温泉。

改めて、その魅力を確認していきたいと思います。

 

この記事のポイント

  • 新宿からは約90分でアクセス可能な、気軽に行ける立地
  • 新宿駅からロマンスカーで直通か、小田原駅まで行ってそこから直通かどちらかでのアクセスがおすすめ。
  • 地方からのアクセスは、新宿駅と小田原駅のどちらが生きやすいかで決めるとよい。
  • 温泉もレジャーも楽しみたい人には「箱根小涌園ユネッサン」がおすすめ
  • アートと非日常に癒されたい人は「ポーラ美術館」がおすすめ

 

箱根までの基本のアクセス

箱根までのアクセスを紹介します。

 

東京から

小田急電鉄の特急列車「ロマンスカー」

新宿駅から直接箱根まで行ける特急列車です。

ただし、全席指定席の特急なので乗車手続きには注意しましょう。

  • 所要時間:85分~
  • 料金:2,280円
  • 新宿駅発→箱根湯本駅着


 

小田原線急行・快速急行を使う

1度乗り換えの必要がありますが、ロマンスカーの半額程度で箱根まで行けるルートです。

  • 所要時間:2時間~
  • 料金:1,190円
  • 新宿駅発→小田原駅乗り換え→箱根湯本駅着

 

大阪・京都から

新幹線を使う

移動の所要時間が短く、体力の消耗も抑えて箱根まで行けるルートです。

本数が多い新幹線は「こだま」ですが、「ひかり」を利用した方が1時間ほど早く到着できるそうです。

  • 所要時間:2時間30分~
  • 料金:11,560円~
  • 新大阪駅・京都駅発→小田原駅乗り換え→箱根湯本駅着

 

高速バスを使う

料金を抑えられ、夜行バスも走っているため朝早くから箱根に到着して時間を有意義に使うことのできるルートです。

  • 所要時間:6時間50分~
  • 料金:2,510円~
  • 大阪・京都発→小田原駅バス下車、JR乗り換え→箱根湯本駅着

 

他地域から

空港や主要駅までのアクセスによって最適解は異なりますが、およそ以下のルートが早いです。

  • 関東以北:新宿まで行き、そこからロマンスカー
  • 静岡~中国地方まで:小田原まで行き、そこから箱根登山鉄道
  • 九州・沖縄:飛行機で羽田→新宿→ロマンスカー

 

必ず押さえたい!箱根のおすすめスポット

「マツコの知らない世界」では「地元民だからこそ知っている箱根のディープな場所」が取り上げられます。

なのでここでは、定番スポットの中から特におすすめスポットを紹介します。

 

温泉も遊びも「箱根小涌園ユネッサン」

名湯と名高い「箱根七湯」が集まる地域に位置する、水着で楽しめるレジャー型の温泉施設です。

バレンタイン・ホワイトデーの時期は「チョコレート風呂」を設置したり(2019年は3月17日まで)、ウォータースライダーがあったりと遊び心満載ですが、温泉としての泉質は本物。

本格的な露天ぶろや打たせ湯はもちろん、水着で遊べるエリアも小涌谷温泉(ナトリウム‐塩化物泉)のお湯を使用しているので、遊びたい子どもも本物の温泉に癒されたい大人も大満足間違いなしです。


 

参考

「箱根小涌園ユネッサン」
公式サイト:https://www.yunessun.com/
〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
アクセス:箱根湯本駅から「箱根登山バス」または「伊豆箱根バス」に約20分乗車。小涌園バス停で下車し、道路向かいすぐ

 

アートと非日常にも癒される「ポーラ美術館」

多数の美術館が集まるススキが美しい高原リゾート地「仙石原」に位置する美術館です。

クロード・モネの「睡蓮の池」や、ピエール・オーギュスト・ルノワールの「レースの帽子の少女」、パブロ・ピカソの「海辺の母子像」など、印象派を中心に多数のアートが展示されています。

「仙石原」は他にも「箱根サン=テグジュペリ星の王子さまミュージアム」や「箱根ガラスの森美術館」など多数の美術館があるので、美術館巡りをしてもよさそうですね。


 

参考

「ポーラ美術館」
公式サイト:http://www.polamuseum.or.jp/
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460- 84 -2111
アクセス:箱根湯本駅発の直通バスあり。片道約40分。

 

まとめ

  • 新宿からは約90分でアクセス可能な、気軽に行ける立地
  • 新宿駅からロマンスカーで直通か、小田原駅まで行ってそこから直通かどちらかでのアクセスがおすすめ。
  • 地方からのアクセスは、新宿駅と小田原駅のどちらが生きやすいかで決めるとよい。
  • 温泉もレジャーも楽しみたい人には「箱根小涌園ユネッサン」がおすすめ
  • アートと非日常に癒されたい人は「ポーラ美術館」がおすすめ

まだまだまとめきれないほどの見所がある箱根。

来年はGW10連休にむけて、今から箱根旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか?

 

以上、『3月12日『マツコの知らない箱根の世界』で特集!都心からアクセス抜群の温泉地の魅力を再確認!』でした。
 

みんなの反応

-テレビで話題
-,

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.