テレビで話題

3月19日『ガイアの夜明け』で泡が出るシャワーが注目!モリタグループの『泡シャワー装置』が凄い!

投稿日:2019年3月16日 更新日:

シャワー

3月19日の『ガイアの夜明け』では大企業とクラウドファンディングの運営会社がタッグを組んで斬新な商品を開発するプロジェクトが特集されます。

その中で登場するのが泡が出るシャワーです。

今回はそんな泡が出るシャワーについての情報と開発しているモリタという会社を紹介します。

 

泡が出るシャワー『泡シャワー装置』とは?

泡が出るシャワーとは2017年に「泡シャワー装置」として第44回国際福祉機器展に出展されたものです。

泡と言っても今でもあるマイクロバブルみたいなものではありません。

ボディソープを泡立てた温かい泡が出てきます。

お湯と泡をレバーで切り替えられるようになっており、このシャワーを持ったまま、洗いとすすぎができるようになっているのです。

これは介護用として開発されたもので、入浴介助で人の身体を洗うのは大変ですが、そんな負担を少しでも減らすための商品ですね。

泡シャワー装置を使うことで「20秒で綺麗になる」とも謳われており、介護だけでなく多くの人が交代で使うシャワールームなどでも需要がありそうな気がします。

開発は消火器などを製造するモリタ

この装置を開発したのはモリタホールディングスという企業です。

モリタは消防車の国内トップシェアを誇っており、グループ会社では一般向けの消火器なども製造しています。

 

昔の消防車は水をかけて消火していましたが、近年の消防車ではホースから泡を出して消火します。

これは水と消火用の薬剤をホース内にあるコンプレッサーで圧縮し、泡にして放出しているのですが、泡シャワー装置はこの技術をシャワーに応用したものです。

 

まだ発売されていない?

2017年に出展された時点で「来春発売」とされていましたが、現在も一般販売はされていないようです。

情報も2017年に出展された時のもので止まっているので、少し開発が遅れていたのでしょう。

 

2017年には『所さんのお届けモノです』という番組でも取り上げられて、ネットでは期待の声も上がっています。

『ガイアの夜明け』で取り上げられるということは、そろそろ新たな新情報も発表されるのかもしれませんね。

まとめ

  • 泡シャワー装置はシャワーから泡立てたボディソープとお湯を切り替えて出せる商品
  • 消防車のホースの原理を応用して消防車トップシェアのモリタが開発
  • まだ発売はされておらず、続報が期待されている

消防車とシャワーという全く違う分野のものに、同じ技術が使えるって思いついた人が凄いですよね。

いくらくらいで販売されるのか想像がつきませんが、一般の家庭にも広まればお風呂の時短革命になるかもしれません。

 

みんなの反応

-テレビで話題
-

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.