テレビで話題

3月21日カンブリア宮殿で話題!回転寿司『銚子丸』が外食満足度1位の秘密とは?

投稿日:

寿司

3月21日放送の『カンブリア宮殿』で回転寿司チェーンの『銚子丸』が特集されます。

回転寿司は外食チェーンの中でも、『スシロー』『カッパ寿司』『くら寿司』など全国に多く出店している大企業があり、競争が激しい業界です。

『銚子丸』はそんな回転寿司分野で、独自路線で成長をしています。

 

この記事では『調子丸』がどんなお店なのかに加え、他の回転寿司チェーンにない魅力などを紹介したいと思います。

 

この記事のポイント

  • 首都圏で展開する回転寿司チェーン店で、経営している株式会社銚子丸は1977年に創業した歴史ある企業
  • 外食チェーン「顧客満足率ランキング」で1位を獲得
  • 人気の秘密はネタの良さと寿司職人による接客

 

回転寿司チェーン『銚子丸』とはどんなお店?

銚子丸を経営している株式会社銚子丸は千葉県に本社を置く企業です。

1977年に株式会社オールという名前で創業し、玩具店の経営からスタートしました。

今年で42年目となる、歴史ある企業なんですね。

 

銚子丸が登場したのは1988年に開店した『銚子丸 市川店』が最初で、それ以降は千葉・東京・埼玉・神奈川でチェーン店を次々展開させていくことになりました。

名前は千葉県が誇る全国屈指の漁港、銚子港と漁船をイメージする丸をくっつけてつけられたそうです。

 

外食チェーンの満足度調査で1位を獲得!

銚子丸は2017年の『ダイヤモンドDATAラボ』の外食チェーン「顧客満足率ランキング」で1位を獲得しました。

これは回転寿司だけでなく、全ての外食チェーン店を対象にした調査で、2位は「モスバーガー」3位は「俺のフレンチ」と続きます。

 

回転寿司チェーンだけで見ても決して規模・知名度が大きい訳ではない銚子丸が1位というのは凄いですよね。

1位に輝いた理由とは一体なんでしょうか?

 

銚子丸のお客様満足度が高い理由

まず1つ目に挙げられるのが、ネタの良さです。

銚子丸では最近主流の1皿100円の回転寿司店ではなく、130円~580円と少々高めの値段設定になっています。

しかし、その分「客の期待を超えるすしネタの提供」をモットーに原価の高いマグロなどを仕入れており、少々値段が高くても美味しい寿司が食べたいというお客さんのニーズに応えているのです。

 

2つ目は劇場型とも呼ばれる接客サービスです。

銚子丸では寿司を機械ではなく、カウンターにいる寿司職人が目の前で魚を捌いて寿司を握ってくれます。

「職人さんが握った寿司」というだけで高級感が増しますよね。

また、時に捌きたての新鮮な魚を並べて客席を回るパフォーマンスも行っており、職人さんの作る寿司と元気なパフォーマンスが支持されているようです。

1皿100円の寿司チェーン店ではできないような良質なネタの提供と寿司職人による接客によって銚子丸は満足度が高いサービスを実現しているのですね。

 

まとめ

  • 首都圏で展開する回転寿司チェーン店で、経営している株式会社銚子丸は1977年に創業した歴史ある企業
  • 外食チェーン「顧客満足率ランキング」で1位を獲得
  • 人気の秘密はネタの良さと寿司職人による接客

銚子丸は「リーズナブルでありながら美味しい寿司が食べられる」という激安回転寿司と高級寿司店の中間的存在なのだと思います。

激安回転寿司では満足できない人は1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、『3月21日カンブリア宮殿で話題!回転寿司『銚子丸』が外食満足度1位の秘密とは?』でした。

 

銚子丸に行く皆さんの様子

-テレビで話題
-

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.