テレビで話題

3月21日のヒルナンデスでムーミンバレーパークのおすすめランキングベスト8が紹介!

投稿日:2019年3月21日 更新日:

ムーミンバレーパーク

(画像出典:ムーミンバレーパーク公式サイト

2019年3月16日、埼玉県の飯能市にムーミンバレーパークがオープンしました。

雑誌「春ウォーカー2019」の注目度ランキングでも早速一位になり、注目が集まっています。

 

今回は3月21日のヒルナンデスで放送された、ムーミンバレーパークのおすすめポイントベスト8を紹介します。

 

この記事のポイント

  • アトラクションでは、飛行おにのジップラインアドベンチャーが注目!
  • 体験型の施設も多く、ムーミン好きにはたまらない空間
  • 北欧グルメもお忘れなく!

 

ムーミンバレーパークの概要:場所・営業時間・料金

  • 場所:埼玉県飯能市
  • 都心からのアクセス:池袋駅から西部池袋線で飯能駅まで約50分、その後バスで約15分
  • 八王子からのアクセス:八王子駅からJR八高線で東飯能駅まで約35分、その後バスで約15分
  • 営業時間:10時から20時
  • 料金:大人(中学生以上)1,500円、子供(4歳以上小学生以下)1,000円

 

1位:海のオーケストラ号

両側に客席があるシアターで、壁と床に映像が映し出されるプロジェクションマッピングです。

ムーミンパパが若いころに出かけた大冒険の物語が、4Dで体験できるアトラクション。

 

竜が飛び出す場面で風が出てきたり、海に出かけるシーンで水しぶきがかかります。

空飛ぶ船が旅立つと、花びらが舞って空の世界を体験することができます。

「楽しかった」「臨場感があってきれいでした」とお客さんがコメント

 

2位:飛行おにのジップラインアドベンチャー

ワイヤーを伝って滑走するアトラクションで、その距離なんと往復で400m。

湖の上を滑走する爽快感とスリルが最高です。

 

3位:コケムス

フィンランド語で体験を意味する言葉で、『コケムス』として一つのエリアになっています。

3階では絵本の中に入りこんでいるように、ムーミン谷の世界を体験できます。

スナフキンと焚火にあたったり、歩きに合わせて水面が波打つ仕掛けもあります。

 

4位:北欧グルメ

パーク内には北欧を意識したレストランや、テイクアウトのお店があります。

物語に登場する山をモチーフにしたハヤシライスや、ホットドッグが楽しめます。

 

レストランLettula (レットゥラ)は、2色のベリーを使ったパンケーキが人気です。

雲をイメージしたわたあめの、雪のコットンキャンディーパンケーキ(1,800円)が会場に登場。

ゲストの鈴木福くんと弟の楽くんは、「美味しいです」とコメント。

 

5位:エンマの劇場

ムーミンバレーパークでショーが見られるのが、エンマの劇場です。

1日3回、ムーミンやスナフキンたちが登場するショーが行われています。

不定期で、キャラクターが登場するグリーティングが行われることも。

 

6位:ムーミン屋敷

ムーミン一家が暮らす家が、ムーミン屋敷です。

ガイドさんの案内でムーミンの家をめぐるツアーが、開催されています。

中に入ってみると、ムーミンの生活を知ることができます。

 

7位:オトナ女子に大人気のムーミングッズ

オープン初日は大行列ができたほど話題になっているのが、ムーミングッズです。

本場フィンランドから輸入された食器・北欧のタオル・時計・ワンピース・フルーツジャムが人気です。

なかでも人気なのがクリップで付けられる、「ムーミンのぬいぐるみ(1,600円)」が好評。

お土産では、「にょろにょろの細長いバームクーヘン(1,000円)」も人気です。

 

8位:ペットと一緒に入園できる遊園地

ヘムレンさんの遊園地は、入園料だけで楽しめるスポットです。

ペットと一緒に入れて、体を動かすことができるアスレチックゾーンです

 

まとめ

  • アトラクションでは、飛行おにのジップラインアドベンチャーが注目!
  • 体験型の施設も多く、ムーミン好きにはたまらない空間
  • 北欧グルメもお忘れなく!

いよいよオープンしたムーミンバレーパーク。

この春休みや、ゴールデンウィークに狙っている方は是非一度チェックしてみては。

 

みんなの反応

-テレビで話題
-,

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.