テレビで話題

4月5日ZIP!その『穴』って何のため?身近なアレに穴が開いている理由

投稿日:

ZIPではこれまで、「これって何のため?」でいろいろな疑問を解決してきました。

今回は、身近な穴に注目して何のために開いているかを徹底的に調査しました。

 

この記事のポイント

  • お風呂のいすの穴は、いすを強くするため
  • キャップ型の帽子の小さい穴は、空気を抜いて頭にフィットさせるため
  • スニーカーの内側の穴は、ひもを固定して足首をフィットさせるため
  • キッチングッズの木べらに穴が開いているのは、汁物やソースを混ぜやすくするため

 

 

お風呂のいすの穴は強度アップのため

普段お風呂で使う椅子の真ん中に空いている穴。

街の皆さんに聞いてみると「水はけやカビ予防」「穴に手おけを置いている」とコメント。

銭湯のスタッフの方は、「持ち運びに便利だから穴が開いていると思う」と話しました。

 

製造会社方になぜ穴を開けるか聞いてみると「いすをより強くするため」が正解とのこと。

座面の弱点は周囲から離れた真ん中の部分ですが、穴をあけることで力が分散されます。

 

本当の目的は強度のアップですが、二次的に水はけがよくなり持ち運びにも便利というメリットもあります。

 

キャップ型の帽子の小さい穴は空気抜き

額の上あたりに空いている、小さな穴。

街の声は、「蒸れを防ぐ」「缶バッチをつけておしゃれに飾るため」とコメント。

 

帽子専門店のスタッフさん曰く「空気が抜けると頭にフィットした状態になる」とのこと。

かぶるとき帽子の内側の空気を穴から逃がす、空気抜きの穴でした。

鳩の目の形をしているので、「鳩目穴かがり」という名前もついています。

 

スニーカーの内側に二つ開いた穴はひもを固定するため

ひもを結ぶわけでもないのに、内側に空いている不思議な穴。

街の人は「デザイン的にいいかな」というコメント。

 

靴の販売店のスタッフの方は「ひもを固定するための穴」と教えてくれました。

この穴にひもを通すと、無理なく足首にフィットするようになります。

陸上競技では、靴ずれ防止効果があるので選手にとって大切な穴ですね。

 

穴あき木べら

穴が有るものもあれば、無いものもある『木べら』。

街の皆さんは、「クッキーに柄をつける」「黄身をとる」とコメント。

料理教室の生徒さんからは「穴の中に具材が通ってよく混ざる」という実用的な意見が飛び出しました。

 

料理教室の先生が「汁物とかソースの抵抗が少なくなり混ぜやすくはねにくい」と教えてくれました。

木べらの穴はおまけの使い方があって、スパゲティーの2人分(160g)がちょうど入る大きさです。

 

まとめ

  • お風呂のいすの穴は、いすを強くするため
  • キャップ型の帽子の小さい穴は、空気を抜いて頭にフィットさせるため
  • スニーカーの内側の穴は、ひもを固定して足首をフィットさせるため
  • キッチングッズの木べらに穴が開いているのは、汁物やソースを混ぜやすくするため

普段『何だろう?』とは思いながらも、中々詳しくは調べないですよね。

でも使い方を知ると、意外に便利だったりするものです。

 

以上、『4月5日ZIP!その『穴』って何のため?身近なアレに穴が開いている理由』でした。

 

みんなの反応

-テレビで話題

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.