テレビで話題

4月15日ZIP!『レジ横商品』は何故人気?スタバやトイザらス・TSUTAYA・ワークマンのレジ横には何がある?

投稿日:

レジ

お店のレジ横にある商品、つい目に入って買ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

4月15日のZIPの特集では、様々なお店のレジ横の商品がなぜ売れているのかを調べました。

スタバやトイザらス・TSUTAYA・ワークマン・アキダイのレジ横商品の戦略がわかります。

 

この記事のポイント

  • レジ横には『ついつい買ってしまうもの』が置かれている
  • タイムプレッシャーという効果もあり、普段よりも手に取ってしまいがち
  • スタバはポテチ、トイザらスは電池、TSUTAYAはお菓子、など商品は様々

 

 

スタバのレジ横ポテトチップスが人気

スタバのレジ横のポテトチップスは、一般的なものより厚めで歯ごたえがあります。

TwitterなどのSNSでも「ほんと止まらない」「スタバの隠れた名物はポテチ」と厚い支持を受けています。

 

では、なぜスタバのレジ横にポテトチップスを置いているのでしょうか?

本部のスタッフの方は、「コーヒーとポテトチップスが意外と合うから」とのことです。

 

トイザらスのレジ横には『電池』

おもちゃを中心に販売している「トイザらス」ですが、レジの手前に置いてあるのが電池です。

お客さんは「小さいものだからつい忘れそうになる」とのことでした。

電池を使うおもちゃも多いですもんね。

 

TSUTAYAは子供を狙ってお菓子を置いている

レンタルDVDを取り扱うTSUTAYAのレジに行く道には、ずらりとお菓子が陳列されています。

スタッフの方は、「お子様連れのお客さんが多いのでお菓子を置いてある」とのこと。

お母さんは、「子供の目線にあるので、DVDを借りに来てお菓子も買ってしまう」とコメント。

 

ワークマンには意外と痛みが早い『財布』

建築関係の商品が多いワークマンのレジ横には「財布」が置いてあります。

買い物客に聞いてみると「汗をかきやすいので痛みが早い」とのこと。

さらにお店のスタッフの方は、レジで必ず財布を見るので古くなったという使用感がわかるからとコメント。

建築用のシャーペンも、硬いものに書くことが多く減りが早いのでよく売れています。

 

ついつい買ってしまう『タイムプレッシャー』とは

千葉大の安藤教授は「レジ横では支払いの順番が迫ってきてタイムプレッシャーと言われる時間の圧力がかかる」とのこと。

なので、「とりあえず買っておこう」という心理が働き売れやすくなります。

必要なものを思い出させる効果と、タイムプレッシャーの効果でレジ横の商品は人気です。

 

レジ横は売れないものでも売れる?

東京練馬区の「アキダイ関町本店」で、最も売れない「とんぶり(98円)」が売れるかを調査しました。

知名度の低さから1日に1個売れればいいほうですが、オープンとともに大特価のポップをつけてレジ横に置いて実験。

すると、今まで1日1パックしか売れなかった「とんぶり」が2日間で14個も売れたのです。

 

まとめ

  • レジ横には『ついつい買ってしまうもの』が置かれている
  • タイムプレッシャーという効果もあり、普段よりも手に取ってしまいがち
  • スタバはポテチ、トイザらスは電池、TSUTAYAはお菓子、など商品は様々

「あ~、これ忘れてた」というものから「ちょっと気になるな」というものまで、レジ横では様々な戦略が繰り広げられています。

色んなお店に何が置かれているか、何故それが置いてあるのか、観察してみると楽しいかもしれませんね。

 

以上、『4月15日ZIP!『レジ横商品』は何故人気?スタバやトイザらス・TSUTAYA・ワークマンのレジ横には何がある?』でした。

 

みんなの反応

-テレビで話題
-

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.