新商品・新サービス

サムスンが折り畳み式2画面スマホ『Galaxy Fold』を発表!シームレスな大画面が特徴!値段は約22万円。

投稿日:

画像出典:SAMSUNGリリース

人気の「「Galaxy」シリーズを手掛けるサムスンが新たな形のスマートフォン「Galaxy Fold」を発表しました。

このスマホの特徴はなんと言っても、折り畳み式2画面スマホであるということ。

 

通常時は2つ折りの形状をしたスマホとなっていて

  • 畳んだ状態であれば4.6インチの縦長スマホ
  • 広げると7.3インチの正方形に近い形状のタブレット

としてそれぞれ使用できる、という特徴があります。

7.3インチのディスプレイでは、大きい画面で動画やゲームを楽しむ以外にも、3画面に分割して3つのアプリを同時に見るといった使い方もできます。

 

現行のiPad miniが7.9インチですから、ほぼ互角と言っても謙遜ないのではないでしょうか。

 

この記事のポイント

  • サムスンがスマホとしてもタブレットとしても使える新たなスマホ「Galaxy Fold」を発売
  • 価格は1,980ドル(約22万円)で4月26日発売ですが、日本での発売はまだ正式アナウンスなし
  • 「Galaxy Fold」のような2画面スマホをフォルダブルスマホと言う

 

「Galaxy Fold」の価格・発売日

今回のサムスンの発表によると価格は1,980ドル(約22万円)で、4月26日に世界各国で発売開始となります。

日本での正式販売は今のところアナウンスされていませんが、既に「Galaxy Fold」の日本語ページは公開されており、国内での販売も期待できそうです。

本体カラーはシルバー、ブラック、グリーン、ブルーの4色展開となります。

 

iPhoneやPixelといったハイエンドスマホの2倍近い価格・・・。

タブレットと2台持ちするか、このGalaxy Fold一台で済ませるか、そんな棲み分けになってきそうですね。

 

フォルダブルスマホが停滞するスマホ業界の救世主になる?

「Galaxy Fold」のようなスマホとタブレットが両立した折り畳みスマホは「フォルダブルスマホ」(Folderble)と呼ばれています。

普及が進み、最近売上が停滞気味と言われるスマホ業界。

その中でフォルダブルスマホは新たなスマホの形として現在注目を浴びており、サムスンだけでなくファーウェイや中国のロヨルというベンチャー企業などが開発を進めています。

 

国産2画面スマホ『MZ-01K』とは一味違う

しかし、この流れよりも一足早く、実は日本国内では2018年2月にDOCOMOが似たコンセプトのスマホ「MZ-01K」を発売しているのをご存知でしょうか?

これは「2画面スマホ」と呼ばれ、2つのスマホがくっついたような形状をした端末なのですが、同じように本状に折り畳むことができ、2つの画面でそれぞれのアプリを起動することができるという、まさに「ファルダブルスマホ」の前身でした。

MZ-01

MZ-01は、画面が完全に独立したデザイン。画像出典:docomo公式サイト

ただ、「MZ-01K」はただスマホを2つ繋げただけの形状なのに対し、「Galaxy Fold」は大きい画面に専用の折り畳めるディスプレイを採用しています。

これによりディスプレイ間の隙間がなく、完全に1つの画面として利用できるという違いがあります。

 

まとめ

  • サムスンがスマホとしてもタブレットとしても使える新たなスマホ「Galaxy Fold」を発売
  • 価格は1,980ドル(約22万円)で4月26日発売ですが、日本での発売はまだ正式アナウンスなし
  • 「Galaxy Fold」のような2画面スマホをフォルダブルスマホと言う

「Galaxy Fold」のようなフォルダブルスマホは、動画やゲームをする人にとっては便利そうな端末ですね。

特にゲームは可能性が大きく広がりそうです。

ただ、値段が普通のスマホよりもかなり高く、これが普及の足かせになりそうな気もします。

 

以上『サムスンが折り畳み式2画面スマホ『Galaxy Fold』を発表!シームレスな大画面が特徴!値段は約22万円。』でした。

 

みんなの反応

-新商品・新サービス

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.