社会

2019年7月に『新元号』の100円玉・500円玉が発行!リーク予防で製造着手は4月の元号発表以降に

投稿日:

皇太子さまの新天皇即位に際しての新元号の発表まで残り1カ月ちょっとになりました。

4月1日に新元号発表、5月1日に改元となります。

様々なところで「平成最期」というフレーズが使われたり、新元号が予想されるなど多くの人が少なからず注目している事と思います。

 

元号が変わると言えば、気になるのが硬貨に記載されている元号です。

政府は新元号の書かれた硬貨を4月1日の新元号発表後から製造開始し、7月中旬以降に発行することを発表しました。

つまり、私たちの手元に新元号の書かれた硬貨が来るのは早くても新元号に変わった2カ月以上後ということになります。

 

最初に製造される新元号の硬貨は需要の高い100円玉と500円玉になるようです。

ちなみに紙幣は元号や年が記載されていないので、通常通り発行されます。

 

新元号は超トップシークレット、4月以前の情報流出はナシ

製造が元号発表後に行われることが決まったことにより、造幣局から新元号が発表前にリークされるという可能性もなくなりました。

新元号についてはネットで調べてみてもかなり色々な予想がされていますが、本当の答えを知っている人は本当に一握りのようです。

 

新元号は絶対に発表前に漏れてはいけないこととされ、大正から昭和に変わる時には新聞社が新元号をリークしたものの、結果的に誤報となった「光文事件」が起きています。

これは東京日日新聞(現在の毎日新聞)が「光文」という新元号になるという誤報を流してしまった事件ですが、一説によれば、情報が漏れたことで新元号を「昭和」に差し替えたとも言われています。

 

 

記念硬貨も人気!

一般の硬貨だけでなく、特別デザインの記念貨幣にも注目が集まっており、「平成31年銘の貨幣セット」は平成最期の年の記念として申し込みが殺到しているそうです。

現在ではこちらの入手はなかなか困難なようですが、皇太子さまの「即位の礼」に合わせた記念硬貨の発行などが政府では検討されているようです。

 

メモ

平成31年銘記念日貨幣セット|造幣局
※販売終了。2019年4月下旬より、造幣局内の売店で追加販売予定。

 

天皇陛下在位30周年記念硬貨も本日(2月21日)より銀行窓口引き換え

まとめ

  • 新元号が書かれた100円玉・500円玉は4月1日以降に製造開始され、7月中旬以降に発行される
  • 新元号は発表前に漏れることは許されない超トップシークレット
  • 一般硬貨だけでなく、平成最期の年の記念硬貨も注目が集まっている

新元号の発表から施行まで1カ月しかないこともあり、元号変更が関係するところではこれから大変な作業に追われることになるかもしれません。

ただ、元号が変わるという歴史的なイベントに生きている間に立ち会えるというのはやはり貴重な体験だと思います。新元号発表まで残り1カ月ちょっと、楽しみに待ちましょう。

 

以上、『2019年7月に『新元号』の100円玉・500円玉が発行!リーク予防で製造着手は4月の元号発表以降に』でした。

 

みんなの反応

-社会

Copyright© ねむでぃあ , 2019 All Rights Reserved.